年代順に集めると、高く売れる?価値のある古銭の集め方

古銭の価値と発行枚数の関係

貨幣と言うのは毎年決められた数が発行されており、この数は毎年異なるのが特徴です。 多くの量を発行する年もあれば、前の年よりも少ないケースもありますし、何らかの事情により発行が行われない年もあります。 例えば、現在流通されている5円硬貨は昭和24年から昭和28年の5年間にわたり発行されていましたが、昭和29年から昭和31年の3年間は未発行であり、現行の5円硬貨は昭和32年以降からの発行になるのが特徴です。 尚、古銭と言うのは古い時代の貨幣、現在流通されていない貨幣の総称で、旧1万円札や5千札、100円札や500円札と言った貨幣も古銭に含まれており、古銭を集める人の多くは比較的新しいものを最初に集める、そして年代順に集める人が多いと言われています。

年代順に集めた場合には年代に応じて高額な値段のケースも

古銭は発行枚数が少ない場合、プレミアがつくケースが多くあります。 現行の貨幣の一つに500円硬貨がありますが、500円硬貨は昭和57年から発行され続けているもので、昭和62年だけが極端に発行枚数が少ないのが特徴です。 500円硬貨は古銭ではありませんが、昭和62年は発行枚数が少なく希少価値が高いことからも、買取りのお店に持ち込むことで額面以上の価格で買取りして貰えると言われています。 これと同じく、古銭の場合も発行枚数が少ない年の貨幣は他の年よりも高くなっているため、年代順に集める時には事前にチェックをしておくのがお勧めで、こうした古銭は年々価値が上がる事になるため、将来的に売ると言った場合には高価買取りして貰う事も可能ではないでしょうか。

© Copyright Coin Dealers. All Rights Reserved.