査定価格はいくら?あなたの古銭は掘り出し物かも?

古銭を持っている場合

古銭を持っている場合には、それが先祖代々の宝物でない限りは売却をしてしまってもいいでしょう。古銭を複数持っている家は、お金持ちだった可能性が高いです。なぜなら、普通はなかなか古銭をとっておくこともないからです。お金を集めていると言うこと自体貧乏人にはなかなか思いつかないことです。ですが、祖父が古銭を集めることが趣味で、たまたま古銭屋でやった古銭が複数あるなどの場合は売約をしてしまってもいいでしょう。 古銭を売る場合には、できるだけ査定を正確にしてくれるところで売却をするべきです。フランチャイズショップの古銭買取りの場合には、鑑定士がいるわけではなく、アルバイトの店員がマニュアルを見ながらその価格を調べていることがあります。中には、正しく査定されていないこともありますので、判断が難しい古銭は古銭買取り専門店で見てもらいましょう。

古銭で価値がある物とは

古銭で価値がある物とはどのような古銭でしょうか。まず、希少価値があるものになります。例えば、昔のお金の中でも現存してるのが1000枚以内のものは、10万円以上で売買されることも決して珍しくありません。場合によっては1枚40万円から50万円で売られることもあります。 このように考えると、昭和よりも、大正時代、大正時代よりも明治時代の古銭の方が高く売れそうなイメージがあります。しかし、現実にはそのようなことはありません。例え、江戸時代のお金であっても流通量が多い場合には、大して高く売れません。それよりも流通量が少ない昭和64年のお金の方がよほど価値があります。 このように、古銭の価値は古いかどうかよりも、希少かどうかで判断されています。

© Copyright Coin Dealers. All Rights Reserved.